Copyright ©Asako Steward All Rights Reserved

スチュワード麻子オフィシャルブログ  http://ameblo.jp/asteward

products_panel.jpg
product_shopingo.jpg
 

〜ひとりの時間を心楽しく、大切な人との時間を豊かに〜

本当にお美味しい紅茶を飲んでいますか?

お茶は150ヵ国以上で飲まれていて、イギリスでは水より多く飲まれている飲み物です。 
「紅茶はあまり好きではない」という方、どんな紅茶を飲んでいらっしゃるのでしょう? 
ブランドやトレンドに惑わされない、本当に美味しい紅茶を飲んでいらっしゃるでしょうか。

人の数だけ美味しいお茶があり、人の数だけ美味しい淹れ方があります。 
インフューズでは、イギリスらしさを持つ「英国紅茶」を日本の水で美味しく飲めるよう、スチュワード麻子が17年の経験を活かして丁寧にセレクト、ブレンドしています。 紅茶好きな方へのプレゼントにもご活用ください。

インフューズブレンド Infuse Blend

内容 : インドのダージリン、セイロン、中国のキームンのブレンド。 
 

特徴: 芳醇な香りで、複雑かつ奥行きのある紅茶です。どなたにでも飲みやすく、時間を問いません。 アフタヌーンティーをこれ1つで通してしまうことができ、どんな食べ物にも合う、繊細さと安定を併せ持った紅茶です。

ふさわしい時間 : 時間を問わず1日中

合う食べ物 : サンドイッチからスコーン、焼き菓子、生菓子、何にでも合わせられる万能なブレンド です。

モートンズ・ブレンド Moreton’s Blend

内容 : アッサム茶のブレンド

 

特徴 : 「モートンズ」は、イギリスの全寮制名門パブリックスクールHarrow Schoolの12あるハウスのうち、最も 歴史の古いハウスのひとつです。我が家の男の子ふたりが在籍したハウスでもあり、16世紀から続く伝統と揺るぎない強さを紅茶にしてみました。19世紀にイギリス人がスタートしたアッサム地方の紅茶のブレンドです。

 

ふさわしい時間 : 休日の朝、午前。または午後の休憩に。

 

合う食べ物 : 焼き菓子全般。コクがあるものや揚げたものなどにも合います。

ロイヤル・ダイヤモンド・ブレンド Royal Diamond Blend

内容 : スマトラ、インド、スリランカをブレンド。

 

特徴 : 英国女王エリザベス2世の在位60周年のお祝い「ダイヤモンド・ジュビリー」を記念して作った紅茶。 高貴でありながらやや フェミニンで優しい香りの紅茶です。

ふさわしい時間 : 午後から夕方にかけて。

 

合う食べ物 : バターケーキやショートブレッド。バナナケーキやマドレーヌなどの焼き菓子。生菓子も酸味が強くないものなら何にでも合います。

フラワー・シャンパン Flower Champagne

内容 : ベトナム、中国の紅茶のブレンドに、サフラワーとカランツを加えてシャンパンの香りで仕上げました。

 

特徴 : 大人の女性に似合う、甘すぎないフレーバードティーを作ろうと考えてできたブレンド。2種類のぶどうの香油でシャンパンの香りを表現した、華やかな中にもすっきりした味わいのお茶です。茶葉の香りではなく、実際に淹れて、紅茶の香りが立ち上って初めて、その良さがわかっていただけます。

ふさわしい時間: 午後。一人でゆっくりしたい時、女友達を招いてのパーティーやおもてなしなど。またはランチやディナーの締めくくりにもよく合います。

合う食べ物 : 繊細な香りを損ねない、個性の強過ぎない生菓子や軽いムースなど。

ピーチ・ライチ・ブロッサム Peach Lychee Blossom

内容:グリーンティー、ウーロンティー(ともに中国)のブレンドにジャスミンとサンフラワーの花を加え、ピーチとライチの香りをつけたお茶。

 

特徴:フレーバーのついたグリーンティーはもう10年以上、ヨーロッパでブームとなっています。私たちが親しんでいる緑茶とは 全く別のドリンクだと思った方がよく、特にこのブレンドのような繊細なフレーバーだと、グリーンティーのフレッシュさ、ウーロン ティーそのものの持つ、 花のような新鮮な香りとが素敵なハーモニーを作ります。 アイスティーにも最適で、インフューズ・ティーのお客様からは長年根強い人気のあるブレンドです。

 

ふさわしい時間:1日中いつでも楽しんでいただけます。 合う食べもの:意外なくらい色々なものによく合います。繊細なきゅうりのサンドイッチやローズやシトラスの香りのマカロンなど。

 

ばらの木   JAPAN

京都タカシマヤ内のティーサロン「ばらの木」で インフューズ紅茶をお楽しみいただけます。
また茶葉も購入する事ができます。

ロンドンでアフタヌーンティーをするならここ、というとっておきの場所を、エッセイとともにカテゴリー別に紹介。

ロンドン、とっておきの ティープレイスへ

日常生活の中で楽しまれているお茶、名門パブリックスクールでのお茶などのシーン、訪れた産地の様子や季節ごとのティータイムを紹介。マナーやレシピ、器など。

購入はこちらへ

英国スタイルで楽しむ紅茶

最新のロンドン
ヴィンテージスタイルのティールーム、ティーバー、カントリーで何代も続くティールームなど、現在のイギリスのティータイムの雰囲気を伝える一冊。 

購入はこちらへ

英国、とっておきのティープレイスへ

人気のコッツウォルズ、 湖水地方、ノーフォーク とサセックスの4つの カントリーサイドの素 敵なティールームをエ ッセイとともに紹介。

英国・カントリー とっておきのティープレイスへ

― 紅茶の国のティールームからB&Bまで